【レポーターデビュー】年越しはシラスをまく?地鶏だし手打ち蕎麦で年越し体験

山と畑をバックにオープニングの撮影。右は同じく地域おこし協力隊の今西さん。
SPONSERD LINK

移住52日目(3日前です)。
地元のケーブルテレビBTV内の番組「こばナビ」(小林市を紹介する10分番組。役場とケーブルテレビの共同制作)の取材でした。

今回、企画から台本作成、レポーターまで担当させてもらいました!

山と畑をバックにオープニングの撮影。右は同じく地域おこし協力隊の今西さん。

山と畑をバックにオープニングの撮影。右は同じく地域おこし協力隊の今西さん。

 

「初めて過ごす野尻の冬の過ごし方」をテーマに、地域の方にいろいろ教えていただく企画です!

年越しは地鶏を一羽丸々使って、地鶏だしの手打ち蕎麦!

「この地域ならではの年越し料理ってありますか?」

”冬の過ごし方・楽しみ方”というと、まずは食!と思い、地域の方に聞いてまわったところ

「この辺は鶏文化だよ。年越し蕎麦は鶏出汁でつくる家が多いよ」

家で鶏を育てている方のお家では、毎年12月30日に地鶏を丸々一羽使って出汁を作り、手打ち蕎麦で年越し蕎麦を食べている!

という話を聞き、年越し蕎麦作りを再現してもらいました。

鶏をさばく姿は職人技!趣味でやってるとは思いません!

鶏をさばく姿は職人技!趣味でやってるとは思えません!

 

「鶏をつぶすところから見てもいいよ」
と言っていただいたのですが、勇気が出ず・・・今回は毛をとった後から取材させてもらいました。

今朝まで生きていた鶏は、スーパーで買う鶏肉よりプリプリ・艶々していた気がしました。

さばき方を教えてもらいながら、刺身用・炭火焼き用・そして蕎麦出汁用とさばいていきます。

手打ちそば初体験

手打ちそば初体験

地元産のそば粉で手打ちそば作り。

普段はパスタマシーンで切るそうですが、今回はテレビ用に包丁で切りました…!

DSC_0901

地鶏出汁の手打ち蕎麦、完成!

食レポ!

食レポ!

地鶏出汁の風味が美味!

蕎麦は見栄えは良くなかったですが、手作りはやっぱり美味しいですね。

DSC_0915

地鶏のお刺身!

数時間前まで生きていた鶏ですから、新鮮さがはんぱないです!

これは東京では食べられない美味しさ!

DSC_0918

 

地鶏の炭火焼きをいただきました!

シラス、をまく風習…??

食文化を学んでおなか一杯になった後は、風習を学びます。

「この地域ならではの、年越しの風習ってありますか??」

と聞くと、

「ん~シラスまきかな?」

シラスまき?

シラスをまくの??

シラス

宮崎はシラスもとれるから、シラスをまくのかな・・太っ腹?だなーと思いました。

野尻の生き字引と言われている郷土史の先生に、“シラスまき”を再現してもらいました。

12272718_923743944370282_101645400_n

シラスとは、シラス台地の火山灰のことでした。

この地域では、年越し前にシラスを庭にまき、一年に感謝して新しい年へ向けて願い事をして清める・・という風習があったそうです。

また、シラスが乾くと白くなって、まるで雪のようになることも、シラスをまいた理由の一つらしいです。

雪が降らない土地ならではの発想だな・・

うちの前、手前がまいてないところ、奥がシラスをまいたところ。

うちの前、手前がまいてないところ、奥がシラスをまいたところ。

 

最近はコンクリートが増えたことや、シラスを山に取りにいく人が少なくなったことなどを理由に、シラスまきをする家庭はめっきり減ったそうです。

実際にやってみると、うちのこの狭いスペースでも一輪車3個分くらいのシラスをまきました。

風が吹くと飛び散ることも嫌がらている要因らしいです・・

でも、やってみると白く綺麗になって、清められる気もしました。

シラスをまいた庭を見つめるチョロ。

シラスをまいた庭を見つめるチョロ。

 

この土地ならでは!な食文化や風習は面白いなーと感じた一日でした!

 

慎太の相談小屋はじめました。
絵美の聞き書きはじめました。
チョロの動画送付はじめました。

繋ぎ屋オススメ

繋ぎ屋のオススメ本/グッズ一覧

転職/働き方コーナー

全国の会社から面接オファーが届くMIIDAS(ミーダス)
働きながら移住先を探す全国リゾートバイト!【毎日更新】転職の定番リクナビNEXT

東京から宮崎に移住しました!

「#移住日記」書いてます。
宮崎県小林市で地域おこし協力隊やってます。

お知らせコーナー

繋ぎ屋で提供中のサービス一覧
繋ぎ屋商店始めました。
安全な食を求める方に向けて”マイ契約農家制度”を推進しています。

Emi
北海道函館出身の86世代。自然の中で食・住・ナリワイを創る暮らし目指して、2015年9月26日から夫婦で東京から宮崎県小林市野尻町へ移住。広告営業、地域情報誌の記者編集、広報などを経て、現在は地域おこし協力隊&聞き書きライターとして活動中。
広報PRの仕事や聞き書き本の制作・ハーブを中心とした畑づくりをしながら、移動式古書カフェ・ゲストハウスオープンへ向けて準備中です。
SPONSERD LINK

ABOUTこの記事をかいた人

Emi

北海道函館出身の86世代。自然の中で食・住・ナリワイを創る暮らし目指して、2015年9月26日から夫婦で東京から宮崎県小林市野尻町へ移住。広告営業、地域情報誌の記者編集、広報などを経て、現在は地域おこし協力隊&聞き書きライターとして活動中。 広報PRの仕事や聞き書き本の制作・ハーブを中心とした畑づくりをしながら、移動式古書カフェ・ゲストハウスオープンへ向けて準備中です。