小林市が地域おこし協力隊員に億プレイヤーを採用した非常に嬉しい件

http://www.hubud.org
SPONSERD LINK

今日は今後の地域おこし、今後の小林市、はたまた日本の地方を震撼させる朗報を!

http://www.hubud.org

http://www.hubud.org

簡単に経緯を説明しますと、地域おこし協力隊として2016年から宮崎県小林市に採用された方がいらっしゃるんですが、圧倒的なビジネス経験を持った方でして、どのくらい圧倒的かというと、アパレルのショップを100店舗規模で運営していた元社長というレベルなんですよ。

もうこれだけで、どれぐらいのビッグプレイヤーかは納得して頂けると思うんですが、この規模のビジネスをしてきた経験のある方が小林市でいるかというと、今のところ50店舗のメガフランチャイズを運営している社長1人くらいしかいないんですよ。

しかもこの方は忙しくてあまり市内にはいないらしいですし。

もう現場の行政マンでは対応が難しいレベルだと思うんですが、確かにこの方クラスであれば街を大きく変革してくれる可能性がある。そこにかけて採用したとのことで、僕としてはめちゃ嬉しいわけですよね。

こうした大規模なビジネス経験を持った方と直でやり取りできる機会なんて今までにないわけですし、ブレストとか企画構想をお話しするだけでワクワクするんですよ。

小林市に来た移住メリットは沢山うけていますが、この方の登場も僕にとってはかなり大きい。これからがますます楽しみだったりするわけです。

http://www.hubud.org

http://www.hubud.org

僕自身は街をどうこうするというイメージがなく、今の小林で何か売りを探しつつ魅力を発信しながらウェブを育てていけたらナリワイは作れるかなと、どちらかというとソフトから攻める構想だったわけですが、この方はどこからかビッグマネーを引っ張って小林の街自体を大きく変える、ハードから攻める構想なわけで。

こりゃー自分が思っていたい以上に小林は大きく変わるだろうと思うわけです。

もちろん、上手くいくかどうかはやってみなけりゃわからないわけで。

もしかすると、あまりのビッグプレイヤーの存在と街がマッチしないこともあり得ますが、いずれにせよ大きく街を変えるキッカケは得たわけで、小林市やるやないか!と勝手に評価しつつテンション上がっているわけです。

はたまた今後どうなるのか?

動きがあった際には、また随時報告していきますので乞うご期待あれ!

春先に動かそうとしていたツリーハウスプロジェクトも、アップデートされる予感。楽しみです。

参考記事:【欲しいものを共有する時代】ツリーハウス、みんなで買って遊びません?

 

繋ぎ屋のサービス一覧
インタビュー記事作成はこちら

自由人慎太の相談小屋はこちら
聞き書きライター絵美の聞き書きはこちら
愛猫チョロの動画送付はこちら

繋ぎ屋セレクション
繋ぎ屋のオススメ本/グッズ一覧

転職/働き方コーナー
全国の会社から面接オファーが届くMIIDAS(ミーダス)
働きながら移住先を探す全国リゾートバイト!【毎日更新】転職の定番リクナビNEXT

東京から宮崎に移住しました!
「#移住日記」書いてます。
宮崎県小林市で地域おこし協力隊やってます。

Shinta Hosokawa
岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。
SPONSERD LINK

ABOUTこの記事をかいた人

Shinta Hosokawa

岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。