2015年繋ぎ屋がお世話になったメディアの皆様

出展:ジモトのココロ
SPONSERD LINK

2015年は移住する動きの中でたくさんの新たなご縁をいただきまして、僕らの活動や、ブログをたくさんの方に見て頂ける一年になりました。おかげさまで本格運営2ヶ月半で2万PVと順調に推移しています。

そこで、今回は改めて感謝を込めて2015年お世話になったメディア一覧として振り返ってみようと。

関係者の皆様、2016年もよろしくお願いいたします。

宮崎てげてげ通信

出展:宮崎てげてげ通信

出展:宮崎てげてげ通信

移住して早々に取材して頂いたてげつーさん。月間50万PVの恩恵を頂き、小林市内の関係者の方々にも僕らを知って頂ける機会となりました。ありがとうございます。

前回取材して頂いた佐藤さんには、また1年後くらいに、その後記事の取材に来て頂きたいな〜なんて思いつつ、会長の長友さんにもそのうちお会いしたいなーと思っております。

まだ東京で消耗してるの?

出展:まだ東京で消耗してるの?

出展:まだ東京で消耗してるの?

イケハヤさんのまだ東京で消耗してるの?にも転載記事という形でたくさん紹介していただきました。

(転載記事告知のタイミングで直接メールすると、翌週には繋ぎ屋の記事がアップされていましたからね。この辺のスピード感は真似させて頂かないと。)

月間290万PVの威力、ツイッターフォロワー6万人の威力はすさまじく、イケハヤさん経由でたくさんの方に繋ぎ屋を読んで頂くことに。 ありがとうございます。

スタードームのリアルイベントにイケハヤさんにも経由の読者の方が遊びに来てくれて実際に会うこともできましたし、リアルとブログを組み合わせる可能性にも気づかせてもらえました。引き続きよろしくお願いします!

ジモトのココロ

出展:ジモトのココロ

出展:ジモトのココロ

メルマガ大手まぐまぐさんの運営するジモココさんにも記事掲載をさせて頂き、仕事の幅を広げて頂きました。ありがとうございます。

今年もちょこちょこ記事を掲載させて頂く予定ですので、ジモココさんでの記事もぜひぜひ読んでくださいまし。

朝日新聞

朝日新聞さんに移住ネタで取材して頂きました interviewed by The Asahi Shimbun繋ぎ屋 http://tsunagiya-nariwai.com を見て連絡頂いたようで嬉しい限り。#Iターン #新聞 #宮崎移住

Posted by Hosokawa Shinta on 2015年12月27日

朝日新聞さんにも年末の移住特集で取材して頂きました。てげつーさん経由で知って頂いたようですね。ウェブ経由の読者さん以外にも知って頂ける機会を頂き、ありがとうございます。やっぱり、まだまだ地方で地元の方に強い媒体は新聞やテレビですからね。引き続き折を見て、また取材に来て頂きたいですね!

宮崎日日新聞

日日新聞さんにも少し出させて頂きました。電話だけのインタビューーだったので、次回は訪問インタビューお待ちしています!

BTV

地元ローカルテレビのBTVさんにも何度か出演させて頂きました。ローカルテレビの威力は計り知れず、初めて会う方にもテレビで見た!とお声がけして頂くこともあります。外で変なことできないなこりゃ。BTVさん、ありがとうございます!

広報こばやし

小林市の広報誌にも載せてもらい、地元の方に知って頂ける機会を得ました。ありがとうございます。今年も宜しくお願い致します!

 

という感じで、2015年移住したことで露出する機会を頂いた関係者の皆様、改めてありがとうございました。引き続き、今年も宜しくお願い致します。今年は露出をより地域に還元できるような流れを構築していきます!

 

 

繋ぎ屋のサービス一覧
インタビュー記事作成はこちら

自由人慎太の相談小屋はこちら
聞き書きライター絵美の聞き書きはこちら
愛猫チョロの動画送付はこちら

繋ぎ屋セレクション
繋ぎ屋のオススメ本/グッズ一覧

転職/働き方コーナー
全国の会社から面接オファーが届くMIIDAS(ミーダス)
働きながら移住先を探す全国リゾートバイト!【毎日更新】転職の定番リクナビNEXT

東京から宮崎に移住しました!
「#移住日記」書いてます。
宮崎県小林市で地域おこし協力隊やってます。

Shinta Hosokawa
岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。
SPONSERD LINK

ABOUTこの記事をかいた人

Shinta Hosokawa

岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。