”いつか”お店をやりたい人へ。東京よりも田舎でやる方が現実的ですよ

image
SPONSERD LINK
image

宮崎のカフェで作業をしたいんですが、オススメのカフェありません?

今日ね、目下一年のスケジュールといいますか、収益プランといいますかを整理しようと、壊れたパソコン代わりに買ったiPad持って出かけたんですよ。

僕の仕事だったりやりたいことって基本インターネットにつなげてタイピングができるところなら大体できるんで、電源があって、WiFiが繋がるか、WiMAXの電波が通じて、静かめな場所だったらいいんですが、宮崎に来て小林に来て、意外とそういうカフェがない問題にぶつかってまして。こりゃ不便だなと感じてます。

家が寒いので、なるべくあったかいカフェで過ごしたいんですが(できればオシャレな)、あんまりなくてですね。

※ 地方にはこういうあったらいいのにというお店が結構なかったりします。隙間市場が結構あるんです。

地方にもノマドワークができるカフェがあるものだと…

東京と比較すること自体おかしいんですが、東京にはこういうカフェがたくさんあったので、そういう作業ができるカフェがあるのは当たり前だと思っていたんですが、勘違いでしたね。

高校のとき、地元盛岡でもカフェによく行っていたし、大学生時代を過ごした浦和とか大宮にもあったし、そういう環境になれていたんですが、確かに地元花巻にはあまりカフェらしいカフェはないですし、人口5万人弱の小林じゃ、そういうカフェはあまりないのか…

image

カフェがないと生きていけない…

ただね、俺はやっぱりカフェが好きなんですよ。しかも、放置型の静かに過ごせるカフェ。みんな友達とワイワイやってる感じより、黙々と読書してたり、作業してたり、なんか考え事している人たちが集まるようなとこの方が落ち着きます。

人はいるんだけど、一人になれる空間。んでもって、オシャレなやつね。

今までは、誰かが作ってくれたカフェでいさせてもらってましたが、この街にないなら作る番なのかもしれない。そんなことを思ったり。

image

家賃2、3万円の空き家を借りてカフェをやる

 

東京だと物件を借りるだけで何十万円ってかかると思いますけど、地方の空き家なら月額2、3万円で借りられます。

将来はパン屋をやりたい、お店をやりたいなんて声を東京で何人からも聞きましたけど、東京でやるのはやっぱり難しいっすよ。実力だけじゃ無理だと思います。運もないと。

かたや、田舎じゃ空き家が数万円で借りられる。全然、東京でやるよりも初期投資リスクが小さく現実的です。住居兼お店にして、繁盛するまではバイトとかしてもいいわけですしね。

東京で忙しく働きながら「いつかお店をやりたい」って言ってるよりも、地方で店始めちゃって、足りなければバイトするって方が現実味あると思います。個人的には東京より成功率高いんじゃないかと。どうしても東京でやりたい理由があれば別ですけどね。緑がある自然の中でやりたいって人なら断然地方がオススメです。

僕なんかも、やっぱり自宅とは別に箱があったほうがイベントやらゲストハウスやらやりやすくなるので、本格的に構想していこうかと思っちょります。

image

チョロには看板猫になってもらおうかね。

 

繋ぎ屋オススメ

繋ぎ屋のオススメ本/グッズ一覧

転職/働き方コーナー

全国の会社から面接オファーが届くMIIDAS(ミーダス)

働きながら移住先を探す全国リゾートバイト!【毎日更新】

転職の定番リクナビNEXT

東京から宮崎に移住しました!

「#移住日記」書いてます。

宮崎県小林市で地域おこし協力隊やってます。

お知らせコーナー

繋ぎ屋で提供中のサービス一覧

繋ぎ屋商店始めました。

安全な食を求める方に向けて”マイ契約農家制度”を推進しています。

Shinta Hosokawa
岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。
SPONSERD LINK

ABOUTこの記事をかいた人

Shinta Hosokawa

岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。