日本全国の【移住計画】まとめ|京都/福岡だけじゃないってよ!

fukuoka-ijukeikaku
SPONSERD LINK

移住計画といえば、京都移住計画、福岡移住計画が筆頭ですが、今や実は全国の各都市が移住者獲得へ向けて移住計画サイトをリリースしています。

本記事では【移住計画】というキーワードで上位表示されたものを中心に全国の移住計画サイトをまとめます。

京都移住計画

kyoto-ijukeikaku

移住計画のはしりとされる、言わずと知れた京都移住計画。

移住者に焦点を当てたインタビュー記事をメインコンテンツに置き、仕事情報、物件情報を中心に情報配信しています。

個人的に発起人である田村さんのスタンスが僕は好きでして。

東京の移住イベントで話されていた「移住するかしないか?定住するかしないか?という二者択一の問いではなく、その間にある曖昧な関係性を育てていきたい。」という言葉が今でも印象に残っています。

田村さんが言うように、移住/定住の前段階、つまり交流人口を増やす活動にどれだけ労力を割けるか?ここがその後移住者が増えるか否かの鍵を握っているんですよね。

結果を焦らず、まずはトライアンドエラーを繰り返さないと。

京都移住計画

福岡移住計画

fukuoka-ijukeikaku

京都移住計画同様、人、住まい、仕事情報に加え、福岡のオススメ店舗紹介など、移住予備軍の方々へ積極的に情報発信をしている福岡移住計画。

全国の移住計画の中でも、サイトが抜群に洗練されていて、福岡=おしゃれという印象を受けます。

代表含め、メンバーの多くが移住者で構成されていて、多様な人材で構成されており、福岡の移住者コミュニティの規模が伺えますね。

福岡移住計画

SPONCERED LINK

松山移住計画

四国から全国へ発信する松山移住計画のビジョンは、松山市を中心に1万人の移住者を獲得すること。

お試し移住や、移住体験ツアーを通して松山を訪れる交流人口の活性化を図ります。

ここもサイトオシャレですね〜!

メールアドレスを取得するための導線もわかりやすく、設計者の上手さも見え隠れしています。

松山移住計画【四国で人気】

金沢移住計画

kanazawa-ijukeikaku

北陸エリアからは、半年分の家賃タダにします!のコピーが強力な金沢移住計画(2016.8.12時点)

【金沢移住計画】

札幌移住計画

sapporo-ijukeikaku

北海道から移住者獲得を目指す札幌移住計画。東京で札幌のIT企業の就職説明会を開催したり、不動産会社と連携して札幌の住まい情報を提供するイベントを実施。

札幌移住計画

鹿児島移住計画

kagoshima-ijukeikaku

九州は福岡だけじゃない!ということで、鹿児島でも移住計画プロジェクトが動いています。

上記の図は、移住者を獲得するために、鹿児島移住計画が実施中のプロジェクト一覧。これら一連の戦略的な動きは、全国の自治体も学ぶところが多いのではないかと。

鹿児島移住計画

岩手移住計画

僕の地元岩手も移住計画をやってるじゃないですか!おぉ!

と思いきや、サイト立ち上げただけで、全然コンテンツないですよ。しかもなんかダサめのWIX、もうちょっと頑張ってくださいよ、岩手。地元なので少し辛口で言ってもいいでしょ。怒られたら謝ります。

「岩手移住計画」

全国の移住計画を見て

というわけで、全国の移住計画の一部をピックアップしてまとめてみました。

京都/福岡はもちろんですが、他の地域も完成度の高い移住計画を実施してるなーという印象を受けましたね。というのも移住する上でネックとなる、仕事/住宅情報をしっかり抑えているんですよね。

そこに加えて、どんな人が移住者としてそこに住んでいるのか?インタビューを通じて発信しているのも、移住予備軍にとってはありがたいなと。

宮崎も早速これは作らないとね〜。

※移住計画リスト随時更新中

合わせて読みたい!
日刊繋ぎ屋マガジン(平日毎日更新)

繋ぎ屋オススメ本のまとめ
Tsunagiya Library

Shinta Hosokawa
岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。
SPONSERD LINK

ABOUTこの記事をかいた人

Shinta Hosokawa

岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。