【何もないから創る楽しさがある】パパイヤでソムタム作り!石臼を買ってタイを思い出す

12665722_965267250217951_377638847_n
SPONSERD LINK
12665722_965267250217951_377638847_n

トムヤムスープ、パッタイ、ソムタム・・・

私たち、タイ料理が大好きなのです・・!

東京にいたころは、週一でタイ料理を食べに行っていました。

12650378_965268006884542_2067754153_n

宮崎に移住する直前も、東京引っ越し準備完了→バンコク→東京1泊→宮崎入り

と、バンコク経由できました。

慎太は大学時代に1年間タイに留学(現地で彼女もいたそうです)していて、私も大学生のころタイの田舎町にプチホームステイしていたり、何かとタイにも縁がある2人です。

 

ないなら作ればいい!ハーブを栽培、道具をそろえてタイ料理を作る

 

小林市には残念ながら、タイ料理屋さんがありません・・。

宮崎市まで出れば美味しいタイ料理屋さんがあるみたいですが、頻繁には行けない・・

なければ作ればいいんだ!

ということで、家庭菜園でハーブを栽培始めたり、道具をそろえたり、タイ料理を家で作ることに!

【参考】よしづかフェスからのハーブハマリ、さて俺はどこに行くのか、ハーブ屋になるのか

12674626_965267260217950_299628416_n

 

屋台のおばちゃんみたく美味しいソムタムを作りたい!

タイ料理、手軽に手に入る材料で作るなら何がいいか・・・

まずはソムタム作りから始めることに。

タイの屋台でおばちゃんが華麗に作ってくれたソムタム、美味しかったぁー

12695769_965276883550321_2102395457_n

ビニール袋に入っているところが、タイっぽくていい。

 

12483355_948603328551010_1651475835_n

じゃーん!!

ソムタム作りには、石臼が欠かせないでしょ!

ということで、通販で道具&調味料を揃えました(新大久保に行かなくても、通販でいろいろ手に入る時代、有難い)。

手前が「クロックヒン」(石のすり鉢)。

トウガラシやハーブを擦って香辛料を作るときに使う、固いすり鉢。

後ろが「クロックマイ」(すり鉢)

ソムタムを作るときに使う。

それぞれサイズがいろいろあって、中くらいのサイズで2000円ちょっと。

ほかに、ビネガー、ナンプラー、トムヤムペースト、ココナッツミルクなどを買いました。

道具が本格的で一気にわくわく!!

 

宮崎だと青パパイヤも身近にある!家でタイの屋台気分を味わう【ソムタムレシピ】

 

クロックヒンで、ハーブ類(パクチーなど)、にんにく、トウガラシ、ナッツ類、小エビをくだきペースト状に。

青パパイヤを細長く薄く切る。

トマト、インゲンも適度な大きさに切る。

クロックマイに、ペースト状にした香辛料と、カットした青パパイヤ・トマト・インゲン・シーフード(今回はイカを入れてみた)を入れ、ナンプラー、塩コショウ、レモン汁、ビネガーを入れて混ぜ合わせる。

完成!

12483916_948603331884343_861216147_n

味付けはタイの味を知る男、慎太に確認してもらい整えました。

大根でも代用できるけど、パパイヤだとより本場の味に近づいて、美味しい!!

 

【参考】

 

宮崎(小林市・野尻町)は、パパイヤやハーブなどが採れてタイ料理と相性いい土地なんじゃないかな!と感じています。

ソムタム屋台が開けるくらい、味を磨いていきます!

ここにはないものがいろいろあるけど、その分つくる楽しさがあるなーと実感しながら、すり鉢を使っていろいろ楽しんでいこうと思います。

 

 

繋ぎ屋のサービス一覧
インタビュー記事作成はこちら

自由人慎太の相談小屋はこちら
聞き書きライター絵美の聞き書きはこちら
愛猫チョロの動画送付はこちら

繋ぎ屋セレクション
繋ぎ屋のオススメ本/グッズ一覧

転職/働き方コーナー
全国の会社から面接オファーが届くMIIDAS(ミーダス)
働きながら移住先を探す全国リゾートバイト!【毎日更新】転職の定番リクナビNEXT

東京から宮崎に移住しました!
「#移住日記」書いてます。
宮崎県小林市で地域おこし協力隊やってます。

Emi
北海道函館出身の86世代。自然の中で食・住・ナリワイを創る暮らし目指して、2015年9月26日から夫婦で東京から宮崎県小林市野尻町へ移住。広告営業、地域情報誌の記者編集、広報などを経て、現在は地域おこし協力隊&聞き書きライターとして活動中。
広報PRの仕事や聞き書き本の制作・ハーブを中心とした畑づくりをしながら、移動式古書カフェ・ゲストハウスオープンへ向けて準備中です。
SPONSERD LINK

ABOUTこの記事をかいた人

Emi

北海道函館出身の86世代。自然の中で食・住・ナリワイを創る暮らし目指して、2015年9月26日から夫婦で東京から宮崎県小林市野尻町へ移住。広告営業、地域情報誌の記者編集、広報などを経て、現在は地域おこし協力隊&聞き書きライターとして活動中。 広報PRの仕事や聞き書き本の制作・ハーブを中心とした畑づくりをしながら、移動式古書カフェ・ゲストハウスオープンへ向けて準備中です。