有料【現役地域おこし協力隊の本音】開始のお知らせ

ぶっちゃけ、田舎暮らしっていくらかかる?繋ぎ屋マガジンで公開中!
SPONSERD LINK
ikomakogen1

繋ぎ屋でもnoteを使っての有料コンテンツをスタートしました。
現役地域おこし協力隊の本音

というのも、本来書きたいことが100あるとすれば、協力隊という立場上、ブログでは50ぐらいしか書けてないという感覚があるので(役場の中にいる以上、何かをディスりにくい立場にあったりするもので)、裏表含めた本音部分は有料コンテンツに限定して公開します。
※と言ってもペットボトル1本分

note一本目の記事では、
地域おこし協力隊として3ヶ月を経た今、
・地域おこし協力隊制度の構造的課題
・協力隊を誰にでもオススメできない理由
についてまとめています。

・官民問わず地方創生の現場に携わっている方
・地方移住を検討中の方
・地域おこし協力隊に興味のある方
・田舎での起業を検討中の方

参考にどぞ!

現役地域おこし協力隊の本音

 

 

繋ぎ屋のサービス一覧
インタビュー記事作成はこちら

自由人慎太の相談小屋はこちら
聞き書きライター絵美の聞き書きはこちら
愛猫チョロの動画送付はこちら

繋ぎ屋セレクション
繋ぎ屋のオススメ本/グッズ一覧

転職/働き方コーナー
全国の会社から面接オファーが届くMIIDAS(ミーダス)
働きながら移住先を探す全国リゾートバイト!【毎日更新】転職の定番リクナビNEXT

東京から宮崎に移住しました!
「#移住日記」書いてます。
宮崎県小林市で地域おこし協力隊やってます。

Shinta Hosokawa
岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。
SPONSERD LINK

ABOUTこの記事をかいた人

Shinta Hosokawa

岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。