【note売り上げ報告】無料ブログ記事→1本2000円に化けた話

スクリーンショット 2016-01-13 11.11.42
SPONSERD LINK

※2/4現在では、2,800円となっています。

スクリーンショット 2016-01-13 11.11.42

イケハヤさんのnote購入キャンペーンに便乗して始めた繋ぎ屋の有料コンテンツ。

参考:3連休、noteで有料記事作ったら教えてください。イケダハヤトが自腹で買います。

この機を逃すとノリ遅れそう!と感じたので繋ぎ屋でも早速3連休、中日に一本書いてみました。

今回は実際に書いてみての反響と使ってみての感想をまとめてみようかと。

参考:有料【現役地域おこし協力隊の本音】開始のお知らせ

【有料=限定公開】作品の幅が広がる

まず有料記事を書いてみて気付いたのは、自分が書きたいことを知らず知らずのうちに抑圧しているということです。

note記事の冒頭にも書いていますが。

というのも、本来書きたいことが100あるとすれば、協力隊という立場上、ブログでは50ぐらいしか書けてないという感覚があるので(役場の中にいる以上、何かをディスりにくい立場にあったりするもので)、裏表含めた本音部分は有料コンテンツに限定して公開します。

今の立場が地域おこし協力隊つまり半行政人なので、本来書きたいことを全て書けていない現状があります。特に批判系は書けないんですね。

尖ったコンテンツを出すにはときに批判も出してく(本音を書いていく)というスタンスが必要だと思うんですが、それができないというのはひとつ自分の中でストレスになっていた。

今回有料つまり限定公開することで、本当に読みたい購読希望者だけに配信することができる。読みたくない人は読まなければいいわけですから、有料とハードルを設けることでコアな繋ぎ屋ファン、もしくは本当に欲している人にだけ届けることができるなと。

ある種安心しまして、note有料コンテンツでは屈託無く自由に書けるという意味で作風が広がる感覚を得ましたね。

書いてみたら通常ブログに書いて問題ないと気づく

実際書いてみるまでは、書いちゃダメだと思っていた内容だったんですが、書き終えて読んでみると案外フツーで。なんだ勝手に抑圧していたけど、全然通常ブログで書けるじゃんというのもいい気づきになりました。

気になる3日間の売り上げ1,900円の内訳

スクリーンショット 2016-01-13 11.05.15

早速イケハヤさんが買ってくれまして。

今回の記事は2,500字程度で、150円。現状3日間で12件販売、サポート金額100円(note独自のクリエイター支援機能)でトータル1,900円。

スクリーンショット 2016-01-13 11.05.34

今まで無料で書いていたブログが1本2,000円弱のお小遣いに変換!これは可能性感じますよね。

ブログに書けないことをnoteにアップしたり、noteで公開した記事をその後アレンジしてブログに使ったり、使い分けたり、殿堂入りの人気記事をnoteにアップしたり。

使い道は無限にあるので、有効な活用方法を試行錯誤しながら追求して、また随時アップしていきますので乞うご期待!

 

 

繋ぎ屋のサービス一覧
インタビュー記事作成はこちら

自由人慎太の相談小屋はこちら
聞き書きライター絵美の聞き書きはこちら
愛猫チョロの動画送付はこちら

繋ぎ屋セレクション
繋ぎ屋のオススメ本/グッズ一覧

転職/働き方コーナー
全国の会社から面接オファーが届くMIIDAS(ミーダス)
働きながら移住先を探す全国リゾートバイト!【毎日更新】転職の定番リクナビNEXT

東京から宮崎に移住しました!
「#移住日記」書いてます。
宮崎県小林市で地域おこし協力隊やってます。

Shinta Hosokawa
岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。
SPONSERD LINK

ABOUTこの記事をかいた人

Shinta Hosokawa

岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。