日南のオススメ伊勢海老ランチ【大海】にて一生分の伊勢海老を食す

image
SPONSERD LINK
image

絵美ちゃんのご両親が遊びに来て2日目。日南の大海に行ってまいりました。

こちらの大海は、宮崎で伊勢海老が有名なお店として知られていまして。せっかく宮崎に来てくださったので、北海道では食べられない海鮮を満喫して頂こうと。写真/動画ふんだんに伊勢海老料理の魅力をお届けします。

日南大海まで|小林からのアクセス

お店は小林市野尻町の家から車で1時間半、宮崎市の中心街から30分ほどで、宮崎市から向かう道はひたすら海沿いを走るドライブにも気持ちのいい場所。

image

うちから向かうとこんな感じ。

日南大海の外観/内観

image

着いて車を停めるとこんな感じ。昔ながらの民宿を思わせる外観ですな。

image

とれたての伊勢えび。楽しみでなりません。

image

内観。席はお座敷スタイルで、宿泊のお客さんは2階にお部屋が用意されている模様。木彫りのネームプレートが販売されてるあたり、レトロな観光地の空気があります。

image

お店から目の前に海が見え、ここで仕入れた新鮮な伊勢海老が提供されるらしい。

早速、料理を注文。伊勢海老会席5500円×3人+絵美ちゃんお母さんは9500円のスペシャルセット。昼間の予算にはあり得ないですが、お父さんお母さんにありがたくご馳走になります!あざす!!

伊勢海老だけじゃない!大海のアワビ/鯛/サザエ

まずは、お通しから。

image

ツブ貝。食感がいい。

image

山かけとろろ×もずく。

image

前菜のサザエ。

image

美味い。

image

鯛の活け造り。普段なら十分メインはれる鯛ですが、今回は伊勢海老にメインを譲らざるを得ません。

image

アワビも久々に食べました。昔漁師のじいちゃん家で食ってた頃が懐かしい。

日南の誇る伊勢海老ランチ動画&写真集 ※空腹注意

ではでは、ここからメインの伊勢えびさんの登場。まずは、新鮮な伊勢海老、まだ捌きたてで生きている姿から。

伊勢海老の活け造り #日南 #伊勢海老

A video posted by Shinta Hosokawa (@shintahosokawa) on

新鮮さ伝わりましたでしょうか。

続いて、やってきましたお刺身ちゃん。

image

ぷりぷりとしたエビの食感で口の中の容積が満たされるというのは初の経験。魚にはうるさい私も感無量。

image

続いて蒸した伊勢えび。身もさることながらエビのミソが美味。ミソだけ集めて白飯といきたい。

image

続いて伊勢えびの塩焼き。ミソと塩の混じった部分が最高。

image

最後は伊勢えびの味噌汁。ミソとエビ出汁がもろに出てる濃厚なスープもはや味噌汁と呼んではいけないレベル。

いやー、もう伊勢海老だけでお腹いっぱいで、鯛の刺身なんかはちょっと後回しにされたくらい、もう一生分の伊勢海老は食べたなという感じでして!

正直高くね?と食べる前には思いましたが、これは高くない、むしろお得なんじゃないでしょうか。

宮崎観光に訪れる皆様、いや、国内旅行を検討中の皆様、宮崎は日南で伊勢海老三昧のプランはいかがでしょう?

 

お店情報
大海
住所:宮崎県日南市宮浦568-1
電話:0987-29-1308
営業時間: 11:00~LO:19:00
ランチ営業:11:00~14:30
夜の営業16:00~19:30※要予約

 

繋ぎ屋のサービス一覧
インタビュー記事作成はこちら

自由人慎太の相談小屋はこちら
聞き書きライター絵美の聞き書きはこちら
愛猫チョロの動画送付はこちら

繋ぎ屋セレクション
繋ぎ屋のオススメ本/グッズ一覧

転職/働き方コーナー
全国の会社から面接オファーが届くMIIDAS(ミーダス)
働きながら移住先を探す全国リゾートバイト!【毎日更新】転職の定番リクナビNEXT

東京から宮崎に移住しました!
「#移住日記」書いてます。
宮崎県小林市で地域おこし協力隊やってます。

Shinta Hosokawa
岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。
SPONSERD LINK

ABOUTこの記事をかいた人

Shinta Hosokawa

岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。