鯉定食を堪能し、牧水に想い馳せる【霧島温泉プチ旅行】

12939518_1009295292481813_1741631487_n
SPONSERD LINK

宮崎県小林市野尻町に移住して半年。

野尻町の良いところの一つは、アクセスの良さ!

宮崎空港まで車で1時間弱、鹿児島空港までも(高速使って)1時間半くらいで着く。

熊本・福岡・高千穂までも高速で約3時間。

南九州を中心に九州を旅する拠点にぴったりだなと感じています。

IMG_3974

高千穂峡

 

今回は霧島温泉に行った旅の様子を紹介します!

初めての鯉。

小林市の名物の一つに「鯉」料理があります。

水がきれいな地域なので、鯉も泥臭さがなくて美味しいと評判です。

鯉が好きで移住した人もいるくらい・・・

移住してからの半年間、実はまだ鯉を食べたことがありませんでした。

近所のスーパーにも鯉のあらいが売っているのですが、どうせなら最初は美味しい鯉が食べたいと、機会を待っていました。

 

 

そして、ついに、鯉デビューです!!

霧島温泉に行く途中にあった、【流水苑(りゅうすいえん)】というお食事処でいただきました。

(場所は小林市のお隣、都城市)

外には釣り堀があって釣りができたり、流しそうめんもやっているそうです。

12968805_1009295309148478_1899895251_n

鯉定食!

鯉のあらい・鯉こく・酢の物・鮎の姿揚げあんかけ(←鮎のあんかけめちゃ美味しかった!)・ご飯・漬物で2,300円!

12939450_1009416679136341_493265014_n

 

12939518_1009295292481813_1741631487_n

鯉のあらい。

プリッとして見た目もきれい。

1421364_1009295245815151_238388796_n

酢味噌につけて食します。

鯉は、こりこりとした食感で、臭みもなく、たんぱくな感じです。

食感を楽しみつつ、酢味噌との相性を楽しみます。

こちらの酢味噌、とっても美味しい!!

12980382_1009295272481815_2089987072_n

鯉こく。

だしが味噌にとけこんで、じんわりと美味しい。

初めての鯉料理の総評としては、こりこり感は好き、味があまりないので鯉単体で何度も食べたい!と特別思わないけど、鯉こくになったり、美味しい酢味噌と一緒に食べると、美味しい!

 

ちなみに、鯉は「ビタミンB1がとても豊富で魚介類の中ではトップクラス」で、「良質なたんぱく質」でもあり、

疲労回復、滋養強壮、虚弱体質の改善、悪性貧血の予防、精神安定、むくみの改善の効能があると言われています。

 

若山牧水に魅せられて…

本日のお宿は、霧島温泉郷にある【霧島温泉 純和風温泉 牧水荘】

霧島温泉郷だけあって、宿のまわりあちこちから温泉の湯気がたっていました。

12966345_1009295319148477_1997457161_n

歴史を感じる、ちょっと厳かな雰囲気のある外観。

牧水荘

キャッチコピーの通り、確かに静かで、ゆっくりと過ごすにはぴったりでした。

「牧水荘」の名前の由来は、

先代が若山牧水のファンだったことから付けられたそうです・・・

12966686_1009295249148484_1014278505_n

お楽しみの夕食はこちら!

霧島黒豚のしゃぶしゃぶや、きびなごの刺身、などなど…

そして目玉はこちら!

焼き石でやくステーキ!!

 

#鹿児島 #石焼 #牧水 #霧島 #ステーキ #温泉

Emi Murayama Hosokawaさん(@emi.murayama.hosokawa)が投稿した動画 –


肉汁したたる感じがたまりません!!

とっても美味しくいただきました!

温泉は、家族温泉もあり、空いていると貸し切りでゆっくり入ることもできます。

露天風呂もあり、霧島の自然を眺めながら良質な温泉に漬かる・・・

至福のときです。

出展:じゃらん

出展:じゃらん

 

朝食はこちら!

12966509_1009295339148475_1366535300_n

豆腐と漬物は女将の特製とのこと!

夕食も朝食も完食できるほどよい量で、上品に美味しくいただけました。

 

今回のプチ旅行は、温泉につかって美味しいものをいただき、のんびりすることがメインだったので、15時にチェックインし、温泉に入って、お部屋でごろごろしながら読書して、

揚げ膳据え膳でご飯を食べ、ふかふかのお布団でぐっすり眠る・・・

1泊2日、近隣の町にのんじり温泉旅行。

たまにはご褒美に、こんな週末もいいなと思った霧島温泉旅でした!

 

合わせて読みたい!
日刊繋ぎ屋マガジン(平日毎日更新)

繋ぎ屋オススメ本のまとめ
Tsunagiya Library

 

Emi
北海道函館出身の86世代。自然の中で食・住・ナリワイを創る暮らし目指して、2015年9月26日から夫婦で東京から宮崎県小林市野尻町へ移住。広告営業、地域情報誌の記者編集、広報などを経て、現在は地域おこし協力隊&聞き書きライターとして活動中。
広報PRの仕事や聞き書き本の制作・ハーブを中心とした畑づくりをしながら、移動式古書カフェ・ゲストハウスオープンへ向けて準備中です。
SPONSERD LINK

ABOUTこの記事をかいた人

Emi

北海道函館出身の86世代。自然の中で食・住・ナリワイを創る暮らし目指して、2015年9月26日から夫婦で東京から宮崎県小林市野尻町へ移住。広告営業、地域情報誌の記者編集、広報などを経て、現在は地域おこし協力隊&聞き書きライターとして活動中。 広報PRの仕事や聞き書き本の制作・ハーブを中心とした畑づくりをしながら、移動式古書カフェ・ゲストハウスオープンへ向けて準備中です。