Facebook広告は廃れているか否か?【繋ぎ屋FB広告運用報告】

SPONSERD LINK

繋ぎ屋でFacebookページを作成してもうすぐ1週間。友人知人を中心におかげさまで200いいね!まできました。ありがとうございます!

夫婦で移住に踏み切った経緯を綴りました。月間290万PVイケハヤさんの”まだ東京で消耗してるの?”にも掲載され、反響を頂いてます。http://tsunagiya-nariwai.com/2015/11/09/miyazakiiju-19/

Posted by 繋ぎ屋 on 2015年11月14日

FacebookページをOPENするにあたり、試しにFacebook広告を少額かけてみたので、その結果を一部報告してみます。今後Facebook広告を検討している方は参考にどうぞ!

今回Facebook広告をかけるうえで、1日200円(たった)で7日間掲載してみました。今6日目かな。

肝心の結果ですが…

facebookkoukoku

これまでの消火金額が1,183円に対し、リーチした人数482人、ページへの新規いいね9件、いいね1件あたりの平均獲得コスト131円….え?これだけ?

1件のいいねを獲得するのに131円って高くね?今ある200いいねのうち190件以上は友人知人から無料でいいね押してもらってるのに、新規のいいね1件獲得するのに131円って…100いいね集めるのに13,100円、1,000いいね集めるのに131,000円…おい。高すぎるだろ。そんなにお金かけられるかい…

1年くらい前であれば、もっと費用対効果高かったように聞いていたのですが、今はこれくらいですか…もちろん狙う層や、キーワードによっても変動してくると思うので一概には言えませんが、以前ほどの爆発力はなくなっている模様。もう、資金力に余裕がある企業向けの広告になっちまいましたね。

俺らみたいな個人が使う広告としては活用しにくいフェーズになってしまったようです。

お金を使って一気にアクセスアップ!なんてズルしようとせず地道にコンテンツの拡充を図っていきたいと思います。

Facebook広告を検討中の方は一つの事例として参考にどぞ!

Shinta Hosokawa
岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。
SPONSERD LINK

ABOUTこの記事をかいた人

Shinta Hosokawa

岩手県出身の86世代。2015年10月、東京から小林市へ地域おこし協力隊として移住。情報発信からの現地滞在、新たな人の流れを作るべく。メディアを育てつつ、ブックカフェ兼ゲストハウスというリアルな箱を準備中。