神様たちが集まった場所で静寂な世界に包まれる。~神話と自然に包まれた高千穂の旅 後編:天岩戸神社・天安河原~

DSC_0578
SPONSERD LINK

高千穂神社・高千穂峡につづいては、天岩戸神社へ!

アマテラスオオミカミが隠れた天岩戸が御神体となる天岩戸神社。

暴れん坊だった須佐之男命(スサノオノミコト)が暴れている様子の像でしょうか・・・

暴れん坊だった須佐之男命(スサノオノミコト)が暴れている様子の像でしょうか・・・

天岩戸神社は『古事記』『日本書紀』に記される「天岩戸伝説」を伝える神社で、アマテラスオオミカミが隠れた洞窟「天岩戸」を御神体としています。

天岩戸伝説・・・

天上界・高天原(たかまがはら)を治めていた太陽神・アマテラスオオミカミが、弟・スサノオノミコトの乱暴に耐えかね「天岩戸」に隠れてしまいました。

世の中は闇に閉ざされ、困った八百万の神々は「天安河原」に集まり話し合いました。そのうち、芸達者のアメノウズメノミコトが面白おかしく踊り始め大宴会に。

その騒がしさにアマテラスオオミカミが誘い出され、天地に光が戻りました。

神々しく光に包まれるアマテラスオオミカミの像。

神々しく光に包まれるアマテラスオオミカミの像。

DSC_0543

古代銀杏の樹。

深い自然に囲まれて、重ねてきた年月の長さを感じます。

DSC_0546

 

神様たちが集まった場所。時が止まったような静寂の世界に包まれる。天安河原。

天岩戸神社をさらに奥へ進んでいくとあるのが、天安河原(あまのやすがわら)。

天岩戸神社で八百万の神が集まり神議したと伝わる場所です。

DSC_0559 DSC_0562

自然に深く入っていくような感覚になる場所です。

10分ほど山道を歩きますが、空気が気持ちいです。

DSC_0578

開口40m、奥行30mの大洞窟の中に社があります。

DSC_0569

無数の積み石が…!

天安河原の石を積み、願い事をすると多くの願い事が叶うと言われています。

 

天の岩戸 に降り注ぐ陽の光 #宮崎県 #高千穂峡 #パワースポット

Emi Murayama Murayamaさん(@emi.murayama)が投稿した写真 –

〝神秘的”という言葉がぴったりの場所。

高千穂峡に比べて混雑もしていないので、シーンとした静けさの中で自分の内側と繋がる時間にもなりそうです。

絶景を眺めながらお茶できるカフェ!

DSC_0589

 

天安河原へ向かう入り口に、数件カフェが並んでいます。

深い自然を眺めながら飲むお茶が飲めるカフェ・・・

このカフェだったらクリアな頭で仕事ができそう。

(こちらで食べた美味しいものは「食 編」で紹介しています!)

 

高千穂の見どころはまだまだありますが、今回は最初ということで主要どころを中心にまわりました。

結構コンパクトな街だったので、高千穂神社~高千穂峡~天岩戸神社~天安河原、を巡ってゆっくりお茶して、所要時間は約3時間。

1泊2日でも十分に堪能できる場所だな、と思いました。

次はもっとディープなところへも行ってみたい!

 

Emi
北海道函館出身の86世代。自然の中で食・住・ナリワイを創る暮らし目指して、2015年9月26日から夫婦で東京から宮崎県小林市野尻町へ移住。広告営業、地域情報誌の記者編集、広報などを経て、現在は地域おこし協力隊&聞き書きライターとして活動中。
広報PRの仕事や聞き書き本の制作・ハーブを中心とした畑づくりをしながら、移動式古書カフェ・ゲストハウスオープンへ向けて準備中です。
SPONSERD LINK

ABOUTこの記事をかいた人

Emi

北海道函館出身の86世代。自然の中で食・住・ナリワイを創る暮らし目指して、2015年9月26日から夫婦で東京から宮崎県小林市野尻町へ移住。広告営業、地域情報誌の記者編集、広報などを経て、現在は地域おこし協力隊&聞き書きライターとして活動中。 広報PRの仕事や聞き書き本の制作・ハーブを中心とした畑づくりをしながら、移動式古書カフェ・ゲストハウスオープンへ向けて準備中です。